リードファインリフト1

11
22
2011

リードファインリフト1
(別名 スレッド美容鍼・ウルトラVリフト・ショッピングスレッド)

今回は当院で新たに導入した施術法を紹介します。

リードファインリフトは、鍼治療に使われるような非常に細い針を使って、
自然に人体に吸収される極細の糸を皮膚の下に埋め込んでいく治療です。
埋められた糸の周りに生体反応によるコラーゲンの生成が長期的に行われ、
肌のハリと、弾力のアップ、引き締め効果によりたるんだ皮膚が引き締まり、
リフトアップされ若々しいお肌と、輪郭へと導きます。
また、施術時に針を挿入するため、同時に美容鍼様の効果を肌内部にもたらします。
リンパの循環が促進されてデトックスし、肌の代謝が向上します。
結果、肌内部から潤いが生まれて小じわが解消し、
また、新たに小じわができるのを予防します。

「自然な印象で、手軽な若返りを実感したい」という方におすすめの治療です。

そして、糸とハリがとても細いので最小の傷口で済み、
リフティングの手術や他の糸を使ったフェア―リフトや金の糸の施術に比べて
ダウンタイム極端に少ないのが特長です。
また、術後から即時に多少のリフトアップ効果を目で見て
実感していただくことが出来ます。
いい事づくめの施術ですが、この施術医師が自分にもできる施術と言うので、
(自分自身でも痛み・感覚・効果を熟知するため、自分でできるものは
自分で行います。)モニターさん以外に、自分の顔と首でも早速体験してみました。

施術前
施術前の目元です。

施術前
結構右の目元はしわが目立ちます。
1年前にこれも自分で脂肪溶解注射をしたら、シワができちゃいました。


余談ですが脂肪溶解注射はきついです。
2週間以上腫れがはっきりわかって、
その後も腫れが自分の中でおさまったなと思うのが
今までなかったシワが出てきてからなので、3カ月くらいかかりました。
しかも、プックリ出ていた目元の脂肪はなくなったけれど
シワに変わったと言う・・・良かったのか、悪かったのか・・
でもこういうことってやはり美容の世界では起こってしまうんですよね。
これが、対患者さんの場合は、
このシワの状態はヒアルロン酸を注入することによって治りますが、
自分でいれても、目元はうまくいかないので泣く泣く放置でした。

麻酔クリーム
最初に麻酔クリームを塗ります。
自分のところで通常よりの2倍の濃度の麻酔クリームを作っているので、
通常の医療用の麻酔クリームでも痛みは大丈夫と言われているので安心です。

麻酔の後は、デザイン+マーキングです。

目元

目元
目元はこのように挿れて、
この部分のコラーゲン増生をはかりふっくらさせようと思います。

横から

横から
お顔全体のデザイン+マーキングです。
横からです。やはり自分で書いているので、
写真で見るとちょっと波打ってて、美的度が低いデザインになってますが、
対人の時にはこのような酔っ払って描いたようなデザインにはならないので
安心してください。

首のデザイン
首のデザイン+マーキングです。

そしていよいよ、リードファインリフトの施術スタートです。

リードファインリフト2に続く・・

リードファインリフトリードファインリフト
(別名ウルトラVリフト・スレッド美容鍼・ショッピングスレッド)の詳細は
現在ホームページを作成中ですので、詳しいことはお電話でお問い合わせ下さい。
03-5717-3088 用賀ヒルサイドクリニック

Comment:0

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

Trackback:0

TrackBack URL for this entry
http://kireicafe.chicappa.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/261
Listed below are links to weblogs that reference
リードファインリフト1 from キレイカフェ*ブログ

ページの先頭へ戻る